アウトドアで使える火種

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。


前回の予告通り
アウトドアの火種について
整理していきます。


まず、火種として思い浮かぶのは
電子ライター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電子ライターCRナイル透明 1個
価格:33円(税込、送料別) (2017/1/18時点)





そしてアウトドアで便利な
チャッカマン




これは便利ですが、携帯には大きいかな・・・


この2つは電子ライターと言って点火するのに
放電させてガスに着火するタイプ
一番お手軽なライターですね♪

他に
フリント式のライターもあります




シュボってするタイプですね
このタイプは
ジッポデュポンが有名ですかね









ヤスリを回しフリントを削った時に出る火花で
着火するタイプですね

手が濡れていると非常に着きにくいです

他に
ターボライター
というのもあります。

それと
マッチ
このマッチってのがなかなか優れものなんです。
皆さんが知っている
マッチ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤカグループ マルニホン 徳用マッチ(約830本入)
価格:205円(税込、送料別) (2017/1/19時点)




変わり種では
メタルマッチ




そして
ロウマッチ




こんなものもあります。

さてさてひげクマはジッポをず〜っと愛用してきたのですが、
気温が下がると着きにくいのと
手が濡れていると着きにくい・・・

バイクに乗ってる時は考えたこともなかったけど
アウトドアでは手が濡れていることがよくありますよね

そうこう色々考えていると
やっぱアウトドアではターボライター&マッチの併用
が最強ではないかとの考えにたどり着きました。


ターボライターは風に強く、手が濡れていても着火できる
ただ、気圧の変化(高山)などではつきにくいことがある。

マッチは風、濡れには弱いが、擦ると火が着き気圧もほぼ影響しない

どちらの弱点も補い合える最強タッグではないでしょうか?

以上2点から
ひげクマはアウトドアでターボライターとマッチで行くことを
お勧めいたします。

ターボライターの中にはアウトドア用に使用できるものもあるようですが、
そこそこお値段が張りますのでB級としてはスルーです。

お財布に余裕がある方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか?





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料 カラー選択】 ウィンドミルターボライター/Quest
価格:3645円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)















面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

火の用心

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

さて問題です
これは一体なんでしょうか?

D2E133E2-CD3A-4A9F-872E-9B0D66EEDA30.jpg



F11B67BA-94D8-41F9-ACBB-044567A91B18.jpg

ウェンガーって書いてます・・・


わかります?


まぁ、タイトルでバレてるわね〜


答えは・・・



こうやって・・・

4FEE443C-05B0-4949-9CC4-50CE9F5A9CF6.jpg




C955E677-32E4-4A85-B432-AEF41CE5966C.jpg



ターボライターでした(笑)



以前行ったキャンプでジッポが点かないという
災難に見舞われまして、
フリンジタイプではないライターを探していたところ
ターボライターに出会い

ターボラーターを探していたところ
こいつに出会って
一目惚れ♪

でも廃番品なので探して探して探して
発見!!

中古1000円程で購入できました。

詳しいことは後日書きますが、
ライターって色々あるんですよ

次回色々なライターをご紹介していきます。







面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




着々と

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

1月ももう半分終わり
早いな〜

さて今回はニューアイテムのご紹介
ニューアイテムと言ってもひげクマのラインナップでは新顔ってだけで
ソロキャンパーにとっては定番アイテムなのかな?
キャプテンスタッグ アルミローテーブル
コンパクト









これですね
結構大きく感じます
C98320E3-0479-4B43-8160-F513B1475533.jpg



367044F1-2ACA-4FC4-8E94-DF86CF6F82BD.jpg



では早速ですが組み立て手順を・・・

袋から出します
AD8D0993-2DFD-4CA8-88D9-4B634AF225D5.jpg


黒い紐のようなものが通ってますがゴムになっているので
サッとこのように広がります。
0547A54E-7C00-4693-A145-01B8A9B4CE75.jpg



↑↑↑で縦になっているフック?を
↓↓↓のように横に掛け替えて・・・
2B5F8741-5FA5-4473-98CD-5AC3D96940A1.jpg



脚を起こしていくと・・・
D1E64AF6-3FE5-4F74-8C80-DD5AAA841E17.jpg



4C17BAA5-2153-40D1-BBE7-7AB470F07AAA.jpg




完成!!
めっちゃ簡単設計ですやん
7C150D14-9C8F-4875-AFF3-B1262DA1F8F1.jpg


軽いので負担にならなさそうです。
お値段もお手頃

ソロキャンプにはもってこいのローテーブルです。
ぜひローテーブルのご購入時には候補に入れてみてください。





面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガソリン携行ボトルレビュー

おはようございます。
B級キャンパーヒゲクマです。

やっと冬らしくなってきたのかな?
今週は気温が下がるようで、冬は寒く、夏は暖かい
こうあってほしいものです。

さて前回の記述通り
今回はガソリン携行缶のレビューを
ヒゲクマが購入したのは





そして届いたのがこちら!

CC1CC281-2B5A-4062-82FD-120C34C29A30.jpg



5E421D13-582B-449D-9277-2DD3E637A561.jpg


この携行缶は、ノズルと収納袋がセットになっています。
もちろん消防法適合品ですのでスタンドで給油してもらうことも可能です。
そもそもこのボトルを購入したのは、コールマンのガソリンランタン




が手に入ったので購入してみました。
だいたいタンク容量が500cc程なので満タン2回分の計算です。
ホワイトガソリンを入れて保管しております。
ノズルも計ったようにガソリンランタンの給油口にきっちり入ります。


ただ!ここで問題が発生
まずは写真をご覧ください

ECD9E2E5-8BDF-4994-8ED0-330FB0C27EA5.jpg

これが蓋の部分ですが、傷だらけでしょ?
もちろん最初は綺麗な状態で届いたんですよ
でもホワイトガソリンが漏れないように
キュッ!と閉めると
気化したガソリンのせいで内圧が高まるのか
ネジの精度なのか
それともパッキンのせいなのか

素手では開けれなくなるんです(泣)

そうなると、
中のホワイトガソリンをランタンに給油することなんて到底無理!
だって素手では蓋が開かないんですもん(泣)
まあ、本番前に判明してよかった
現場で開かないなんて悲惨ですもんね(苦笑)

幸い蓋には溝が彫ってあるのでとりあえずマイナスドライバーで
廻そうと試みるも
そんな程度じゃ開きません

じゃあどうするか?
いっそ開栓道具を作りましょう

ということで出来たのがこれ↓↓↓

A649A541-AC1F-45B8-8FF1-29F2487FB202.jpg


厚みはおよそ4mm程
蓋の溝にこれを差し込んで廻します。
それでもそこそこ力が要ります。

493A10F8-5E4B-464B-B7C3-C8E2AF5CA32C.jpg


D53FF5F6-115B-442A-A39B-80B95C805368.jpg


さてさて結果発表〜!
このボトルの
オススメ度
★☆☆☆☆
だって普通の人は開栓道具なんて作れませんもん
ただ作れる方にはお値段からしてオススメできるかな。

満足度
★★★★☆
道具を作ってしまえばコッチのモン!
ひげクマは満足しております。



ただ勧めるのであればあともう少しお金を出していただいて










をオススメします。

オプティマスの方は別に漏斗が必要だと思いますが、
チャイルドロック機能があるので安全です。



以上、ガソリン携行ボトルのレビューでした。





面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
B級キャンパーひげクマです。

さて今年も残すところ
359日になりました・・・なんて(笑)
捻くれた挨拶はやめにして
2017年がいよいよ始まりました。

みなさん年末年始はどうお過ごしになりました?

ひげクマは酒浸りの生活で、少々やりすぎたと反省しております。
そして、相変わらずテントほしいほしい症候群は発症中でして・・・
先日の金杯(京都競馬)3連複を取ったので購入を前向きに考えております。

ところで、年末にガソリン携行ボトルを購入いたしまして、
トラブルが(本気でヤバイ)発生中!!
現在対策中です。
次回このボトルについてレビューしていきたいと思います。

今回はひとまず新年の御挨拶ということで
失礼いたします!!!




今年ものらりくらりと記事を投稿いたしますので
よろしくお願いします。






面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村