ごま油

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

皆さんはアウトドアで調理する時
どんな食材、どんな調味料を持って行きますか?

我が家は調味料群の中に
ごま油を持っていきます。
これがイイ!

ちょっとしたおつまみにごま油を使うと
うまいんだ〜♪

ということで
アウトドア簡単レシピをご紹介
超簡単にできるのでさっと作ってぐびっと呑む

早速いってみましょう

ー材料ー
キャベツ
塩こぶ
ごま油



一口大にちぎったキャベツをさっと湯がきます

湯切りをしたキャベツに
塩こぶを入れよく混ぜます

最後にごま油を垂らして混ぜて出来上がり


我が家では
きゅうりでも同じことをしますが

どっちも生で調理します

FA709AA8-45D9-4117-B1FD-14D3C65DE94F.jpg




176D59D4-347A-4CEB-BDF6-E37BB4A9203D.jpg




F32216A1-D272-403B-9906-E876EAF85DAC.jpg




A17671A5-72D4-4F27-BA12-CAC981006B37.jpg




B77BEF3D-5008-41C1-9E6B-499F2216164F.jpg




が!

アウトドアで調理する場合
食中毒が怖いので、一度湯がいてからがイイと思います。

生食の場合はリスクがあるということもしっかり頭に入れ
しっかり洗い
塩分を濃いめにすると少しはリスク軽減になり
イイんじゃないでしょうか

ただこれでもやっぱりリスクはあるので
一度殺菌のため湯がくことを強くオススメします




さて調理に使ったキャベツですが
我が家は現地調達(道の駅など)します
新鮮で安い
しかも残っても基本的に日持ちするものなので
持ち帰ることもできますし
翌日お昼に焼きそばでもすれば消費もできます。

キャベツは意外とアウトドアにはもってこいの野菜なんです♪

そして万能
塩昆布
こちらもご飯を炊くときに混ぜてもイイし
酒のアテにそのままつまむのもイイし

そしてそして
ごま油!
味のアクセントに最高
ちょろっと垂らすだけでゴマのいい香りがぽわ〜ん
酒が止まりません



家でも外でもおつまみにいかがでしょうか






面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






訂正出てます(汗)

こんにちは。
B級キャンパーひげクマです。

さてさて
GWも終わり仕事が忙しく
抜け殻モードでブログをサボってましたが、
5/24付けで
ドッペルギャンガーより訂正が出ておりますので
ご紹介させていただきます。


カマボコテント2、カマボコテントミニ 耐水圧の誤表示に関するお詫びとお知らせ

上記リンクをクリックしていただければドッペルギャンガーの
訂正のお詫び記事に飛んでいきます。

要するに
T5-489 カマボコ2
T5-489-BK カマボコ2
T3-488 カマボコテントミニ
の耐水圧表示をネットと口頭で5000mmって言ってました
取扱説明書には2000mmって書いていました

でも本当は
カマボコ2=3000mm
カマボコ2ブラック=2600mm
カマボコテントミニ=3000mm
ですねん
スンマヘン(反省)
フロアの耐水圧や生地の厚みなどには訂正はありません
フライシートの表示だけを間違ってましてん(汗)

つきましては
1、返品をご希望される方は返金します
もしくは
2、カマボコ2の屋根に取り付け結露の軽減ができる
  ルーフシールド生地の提供します

の2通りが提案されております。


ひげクマのカマボコ2紹介記事を読み返して
(4/3 新作カマボコ)
(4/27 ドッペルギャンガー)

全く耐水圧????mmみたいなことを書いてなくてびっくり!
おいおいひげクマさんよぉ〜(反省)
ってな感じですよね
申し訳ございません(泣)



ただ
2600mm〜3000mmあれば本来ならば全く問題ないレベルです
それに先代カマボコより確かに生地が良くなっているのも事実

もしひげクマならば
ここは1、の返品返金より2、のルーフシールドを頂戴するかな?

でも、50000円程で5000mmってめっちゃコスパええやん
って思って購入された方は
あかんあかんあかんっ!
って思うのも当然でしょう
その時は返品返金で対応してもらいましょう。

今回の事はウェブで5000mm
購入して手に入れてみると説明書には2000mm
これは一体どっちやねん!
って購入者からの連絡で発覚したのでしょうが(勝手な妄想)


ひげクマのように耐水圧に重きを置いて購入を考える人間には
雨の中展示されているテントを見る機会などは
よっぽどでなければ遭遇できないですし
この表示されている数字を信用して購入するしかありません。
その結果、あれちゃいますねん。実はこうですねん(テヘッ)
じゃ高シェアは勝ち取れませんよ


各メーカーさんもこのような事が無いよう
細心の注意を払って表示していただきたいものです。


幸い、今回は発覚し返金対応もしていただけるようなので
まだましですが、できれはこんな事が無いように

頼んまっせ!
ドッペルギャンガーさん!
応援してまっせ!!!












面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






安蔵森林公園 レビュー

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。


今回お世話になりました
安蔵森林公園のレビューです。

まず、綺麗です(一番最初の印象です)

お風呂も受付のところに有り
小さい子供連れのファミキャンにはいいのではないでしょうか。
キャンプが苦手な方にはバンガローもあります。

サイトは広く
綺麗に清掃されています。
テント2張り、タープ1張りは大丈夫そうです。
2家族でも問題なさそうです。

トイレも綺麗で、虫が侵入しないよう扉もつけられていました。
男子便所には和式&小便用
女子トイレには洋式もあるようです。
受付のところの男子便所には洋式もあるようなので
和式が苦手な方は受付の方へ行けば大丈夫そうです。
ただ、21:00以降は利用できないかもしれません

かも というのは21:00以降は受付が閉まるようで
もしかしたらトイレは解放されているかもしれませんが
我が家のベースの前にトイレがあったこともあり
確認は取れていません。
心配な方はご予約の際に問い合わせください。


特筆する点は
夜になると風が非常に強くなります。
そしておそらく風が強くなるので
薪による焚き火は禁止
です


サイト:区画サイト

料金:区画サイト 4320 
           (AC電源・水道・ウッドチェア/テーブル・かまど有り)

車乗り入れ: 可
      
ゴミ:持ち帰り(2泊の方は200円で引き取ってくださいます)

管理人 ★★☆☆☆
料金 ★★★★☆
設備 ★★★★★
ロケーション ★★★★☆
総評 ★★★★★★★☆☆☆

総評 ファミキャンにはもってこいの所
   サイトも十分広いし
   トイレはキレイ
   GWでもブヨはいてました
   風呂もスーパーも一番近いところで30分程
   
   遊具などはあまりないですが、下界に
   わらべ館やこどもの国など施設が充実している
   大阪市内から3時間と立地も申し分なし

   また一つお気に入りのキャンプ場が増えました。






鳥取遠征はすごく充実した旅になりました。
また行きたいなと思わせてくれるいいところ♪

ぜひ皆さんも旅先の一つに入れてみてください

   




面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村














GW鳥取遠征 〜2日目アクティビティ編〜

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

朝食も済ませいよいよ2日目突入
本日することは

鳥取砂丘でラクダ、こどもの国、食材調達、お風呂です

さてどうなることやら・・・・


AM10:00
まず最初に目指したのが鳥取砂丘
9号線を少し東へ進み川を渡って
県道?265号を北へ

激混みです(汗)

うわ〜ってなもんで
嫌な予感しかしません

トンネルを潜り・・・
鳥取砂丘までズラ〜っと車が渋滞しているのが見えました

早くも1つ目の予定
鳥取砂丘断念!!


トンネルをくぐって最初の信号を左折すると
すぐこどもの国
こちらへ舵を切りました(笑)

臨時駐車場に車を駐めると眼下に
広大な砂漠が・・・
鳥取砂丘ってでかいんですね(汗)
結構なめていました。

チビ〜ずにあれが砂丘だと教え
いざこどもの国へ

ここでも入場時に
道の駅で獲得したクーポンで値引きのはずが
大人1人分だけしか値引きしてくれないんだって・・・

そんなアホな(笑)
せめて大人4人位まで適用してよ・・・

まあまあとりあえず気を取り直していざ入場



396DA8B8-1AD2-467C-A4B6-1DB99CB17253.jpg




B89D0FE9-1C9C-4069-B0EC-F486150C9A89.jpg




AA233938-62B1-4B05-9B14-66D220095F68.jpg

色々な遊具がありますが、
次男4歳(ビビり)にはちょっと難関のようで、
あまり遊具の上の方にはいけませんが、

長男小学2年生(もっとビビり)はず〜っと遊具で遊んでいました
まるでお猿です。
一向に上から降りてこない

その間次男はというと
GW中の日替わりイベントで
嫁と大道芸をじっくり鑑賞

ひげクマは降りてこない猿をひたすらベンチで待つ
苦行のような時間でした(笑)
(スマホがいっちゃってるので嫁とはぐれると一大事)


まだこの時点で入り口を入ったところだったのですが
芸も終了したのでさらに奥へ

奥にも遊具があり、さらに奥にはちょっとした乗り物が

不完全燃焼の次男の為に
ここは乗せてあげることに




長男よお前が一番楽しんでおるではないか・・・


1B5C6D38-1C12-482F-A23F-37D15FB66A10.jpg



なんだかんだ遊んでいるうちに
もう13:00頃
昼飯を食べようかと物色するが
人がいっぱいで断念
出てどっかで食べようということで
こどもの国を後にしました。


★こどもの国豆情報
5歳位までは保護者が張り付かないと遊具ではちょっと遊べないかな
小学生になるとそれはそれは勝手に遊び回っておりました
ファミリーで遊びに行く時の目安にしてください




お昼は札幌亭というところへ
味噌ラーメン大盛りを注文しましたが
量が凄い!!
注文するときはご注意ください


帰りに風呂へ入り
スーパーで夕食と明日の朝食を購入し
ベースへ

2日目は充実したアクティビティでした。





基本情報

こどもの国


札幌亭 本部
営業時間:11:00〜21:00
鳥取県鳥取市湖山町北2-134
地元の方が通う店ってな感じ
駐車場は狭いです







面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





GW鳥取遠征 〜2日目寝起き&朝食編〜

おはようございます。
B級キャンパーヒゲクマです。

前2回記事が前後していました。
話が続かず読みにくかったですね(反省)

さて、バタバタしながらも夕食を終え
暴風の中しっかり睡眠をとったヒゲクマ御一行
2日目朝を迎えます。


5:00 ひげクマ起床

周りはまだ起きていないようでした。
ただひげクマはキャンプに来るとなぜか5時には目が醒める

ぼ〜っとするにも
モーニングコーヒーが欲しいので
早速シングルバーナーでお湯を沸かします。

注)世のお父さん方へ
  この時1人分のお湯を沸かすのではなく
  必ず嫁の分も沸かしましょう。
  急に起きてきて困らないように準備をしておく
  ファミキャンの鉄則です(笑)



さてコーヒーを飲みながらタバコを吹かしていると
長男が起き、普段話さないようなことを話す
これがファミキャンの楽しみの一つ

女にはわからない男の話です。

そうこうしているうちに嫁と次男が起床
ここから本格的に朝食タイムが始まります。



今回は当初
パンをダッジオーブンで焼こうとベーコンなんかも
持参していたのですが
ジャム嫁さんが小麦粉やなんやらを全て忘れてきたので

前日食パンを購入
ホットサンドに変更です・・・・

って思っていたのですが 

サンドウィッチ用のパンを購入していたので
大きさが小さくホットサンドできないため
サンドウィッチに変更の変更



パンとベーコンを焼き
59CEB0A5-ED2E-461F-B6FB-7555292FEA90.jpg




858F945C-9973-4BE3-94C2-627EC42326E2.jpg




焼いたパンにマヨネーズを塗り
F44722FE-9145-4688-9A6B-0314BA85B2B1.jpg



チーズを挟んだら
E1FF904C-53B0-46C6-9041-F419EA1B199D.jpg




はい完成!!
8768A80D-B480-4133-80C5-32B6F0088968.jpg

超簡単に朝食を済ませいよいよ2日目
目標は鳥取砂丘とこどもの国
いざ出陣!!









面白い!
ためになったなったな〜と思っていただけたら、
下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村