オピネル

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

今回はアウトドアで使用するナイフをご紹介します
今まで使用していたナイフが、使用しない時でも刃が出っ放し
使おうと刃を出しても固定されずプラプラしてる状態
バックパックにぶら下げてる時から刃が出ていては超危ないので

そろそろ新調しようとぽっちっとな


3584D214-0CF0-44D7-8016-F2B8001EF923.jpg




415368CA-AD81-4A7C-AE8F-8A42AC86528E.jpg





411D1765-2956-4A3D-ADE2-74996BA6706E.jpg



879BA680-1A82-4906-8560-36E389865C8B.jpg

そうです
オピネルの#9です
アウトドアラーには定番のナイフだそうなんですが
私ひげクマ全くご存知ありませんでした(笑)

このナイフ定番商品のようで、
#8、#9サイズがアウトドアで手軽に使えるサイズだそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPINEL(オピネル) フォールディングナイフステンレス#8 41438
価格:2139円(税込、送料別) (2018/3/14時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPINEL(オピネル) ステンレス#9 41439【あす楽対応】
価格:2332円(税込、送料別) (2018/3/14時点)




他にも
#6、#7、#10と
サイズが豊富で
#6 刃の長さ 7cm
#7  〃   8cm
#8  〃 8.5cm
#9  〃 9cm
#10 〃   10cm
が有り、
ブレードもステンレスとカーボンスチール
から選べます。

ひげクマは扱いやすいステンレスを購入
それでは
刃のアップを!

4AE8E73A-7721-43F6-8CA0-91FBBC10B0F0.jpg

実に本気感のないおもちゃのようです(苦笑)
しっかり研がなアカンわね

それともう一つこのナイフを購入すると
しなくてはいけないことがあるようで・・・

それが油づけの儀式なるものだそうです

7AA2B2EC-E683-4DEB-BD93-17FFF92C3B6F.jpg


これは、このナイフが木の柄を使っているからだそうで
乾性油と言って油絵具にも使用する油を木の柄に染み込ませます
すると、乾性油と言うのは字の如く乾くので
ナイフを洗った時に水を吸わないようにするためのようです。

これを怠ると、柄が湿気るとブレードが出せなくなります。
ホンマにペンチで挟んで引っ張らないと
出てこないくらい硬くなってしまいます。

今回は亜麻仁油に24時間以上しっかり漬け込み
その後24時間以上乾かして・・・
とネットで調べたやり方でやってみたのですが

早速使用して洗うと
見事に刃が出ない(驚)

よく調べると、乾性油は10年でもまだ化学変化を起こしながら
乾いていくような事が書いてありますやん

ってことは24時間なんて屁のようなもんで
もっと乾燥させなアカンっちゅうことやね

ということで
ひげクマは分解して
柄の刃を挟んでいる部分を
ペーパーで摺ることにしましたよ

何回も刃を挟んでは固さを確認してまた摺るの繰り返し
ついでに柄の端に穴も開けて紐を通せるようにして・・・

なんてことをしていたらオピネルのロゴまで摺り取ってしまった!!
まあブレードを出すのは軽くなったのでこれで使えるでしょう

油漬けの儀式とヤスリがけが終わった状態がこちら

6F2511DC-1883-40B4-95FC-B30CF127C582.jpg

ちなみに
もう一つ写っているのが今まで使っていたナイフ
ブレード部分が約7cm
今回のオピネルが9cm
だいぶん使いやすそうになった(喜)


これでグサッと腰に刺さる心配もないし

皆さんもアウトドアナイフ
見直してみませんか
その時にオピネルも候補に入れてやってくださいませ。

それともう一つ
オピネル#9購入ならAmazon primeの方が安く購入できますよ

↑にあったリンクは楽天なんですがね(笑)
ナイフを紹介する為のリンクなんで
少しでも安く購入するのがやっぱいいでしょ?

自分の使い方や手の掛け方を考えて購入してみてください







面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村