マッチ

おはようございます
B級キャンパーひげクマです。

今年は保有株の調子が良くなく
財布がいつも咽び泣いております(泣)
なのでキャンプもあまり行けていないので、
細々とアイテム作りに勤しんでおります。

以前奥大山へキャンプへ行った時に
少し困ったことが・・・

標高と寒さのせいか
火をつけるのに苦労しました
以前記事にしたと思うのですが・・・(してなかったら御免なさい)

標高が高かったり
気温が低いとライターなんかの着火が難しくなるんです

なので、同じメーカーのガスカートリッジにも
高い方と安い方があるんです。

夏のキャンプなんかはレギュラーのガスカートリッジで
十分なんですが、





極寒キャンプや登山なんかの時はパワーガスの方がいいと思います
ひげクマの場合春先や晩秋はパワーガスを持っていくようにしています




今回はまさか雪まで想定していなかったので
ノーマルガス達がわんさかあるのみ

ライターもお気に入りの
ウェンガーのターボライターを携帯していたのですが
ボディが金属でできているのでキンキンに冷えてなかなか着火せず


バックパックに入れていたマッチまでもが何処へ〜

というわけで
火はアウトドアにとって命綱

防水マッチを又作ろうと思います



用意するものは
100均で買ってきた蝋燭とマッチとマニキュアのトップコート

あとはろうを溶かすための容器と熱源があれば準備完了


F8D5FAD2-9B9D-49CC-9498-3EB3C3350369.jpg




51A89E94-8F10-4550-B59F-6E57A909BB0F.jpg

このようにロウを溶かして
マッチの持ち手部分に吸わせます
(ひげクマはコタツの電熱部をちょっと改造したものに空き缶の底を使用)

この時頭薬(赤い所)まで吸わせるのではなく
少し手前で吸わせるのを辞めます
ずっと吸わせていると頭薬のところまでロウがしみてくるので注意!!


この時マッチから細かい泡が出てきます
泡が出なくなったら引き上げて
乾かします


858B0C37-23B9-4211-AB3E-37AEB45CB6C9.jpg

頭薬が右を向いている分がロウを吸わせた後
下を向いているのが吸わす前

ロウを吸わせた後のマッチを良く見てもらうとわかるのですが
一番上と2番目のマッチの頭薬の色が半分くらい違うのがわかりますか?

これが吸わせすぎて頭薬までロウを吸い込んだ状態です
このくらいならなんとかなるんですが
全部が吸ってしまうと使えなくなります。



この後頭薬側にマニキュアのトップコートを薄く塗って乾かして完成です
この時薄く塗るのが大事なところです。
厚く塗ってしまうと
頭薬がヤスリと擦れず火がつきません

123140B3-4621-4619-89A6-540F56729854.jpg





あくまでも防水するためなので薄くでもいいんです
表面をコーティングするだけ

今回は3箱分を防水加工して次のキャンプに備えます。


70F54C75-65F6-48D3-9C3C-68E122D3C4C8.jpg



EC42CF8E-CF67-477B-A820-D6176B3A102F.jpg

ちなみにですが、このマッチを水に落とした時は
一度頭薬を拭いてから着火してくださいね
水滴が付いているままだと流石にヤスリの方が湿って火がつきにくいです



作るのが面倒だなってかたは

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防水マッチ WATER PROOF(1箱約45本入)4個組
価格:486円(税込、送料別) (2018/5/28時点)




こんなんもあります。

災害なんかの時も役に立つので
ぜひ避難用品やバックパックには忍ばせておいてください








面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





休暇村 奥大山in鏡ヶ成キャンプ場

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

さてさてしょうもない記事を連チャンで投稿してきましたが
今回は有意義な投稿を

そうです
キャンプ場レビューです


大阪から3時間程
鳥取県にある
休暇村 奥大山in鏡ヶ成キャンプ場

のレビューでございます。


休暇村 奥大山の徒歩圏内
同じ区画ではありませんが道を挟んで向かい側にあります。

まずは
キャンプセンターにて13:00チェックイン
我々の時は12:30頃に到着したのですが
4組ほど受付前で待っていました。

きっちり13:00より受付開始
料金を払っていざサイトへ


場内は車両一方通行になっております
人の横断も結構あるので最新の注意を払って進みましょう


場内はキャンプセンターから南に向かって下っており
段々畑のようになっております

495F9E0F-3853-4481-8873-58EDC4E5C41D.jpg
(テントの向こうに見える土手が北側でその上に通路とテントが見える所にフリーサイトがあります)



フリーサイト利用者用の駐車場はなるべくサイトの近くに置けるよう工夫がされているのですが
所々切り株や、木があったりで
取り合いです(笑)

買い出しなどで駐車場を空けてしまうと戻ってきたときに
また同じ場所に停めれるとは限りません

逆に言えば
空きが出れば少しでも近くへ移せばいいですし

ひげクマ御一行はキャリーを持って行ってましたが
使うことはありませんでした
(荷物の積み下ろし時のみ通行の邪魔にならなければ近くの道に停めていてもいいみたいです)

7D1545B0-BD63-49A9-8719-8F09DC585F1C.jpg
(テントの向こうに見える車が帰り支度中の方の車です)



それに例として、
AさんはホンマはBさんが駐車しているところに停めるとめっちゃ近くなるな
BさんはホンマはAさんが駐車しているところに停めるとめっちゃ近くなるのにな〜
なんてこともあるようです

実は我が家がこれでして
買い出しから帰ってくるとテントからすぐの所が空いていて
そこに停まっていた車が我が家が最初置いていた場所に移動してました
まあ車3台分くらいの違いなんですけどね(笑)

でも
3台分違ったら重い荷物を何往復も運ぶとき大きいですよね〜


さてベースの場所が決まったら
縄張りなのですが、
なんとなく区画されていると言うか
段があって下がっていたり、木が生えていたりで
張りにくくなっていて一区画のような感じになっておりました


我が家が張ろうとした場所には切り株が2ヶ所ありました(汗)
586E7757-04BB-496D-A87A-993BC9C7559D.jpg



トイレですが綺麗に掃除されていて
男性用トイレのお話ですが
立ち小 和1 洋1
トイレットペーパーもしっかりストックされていたので
安心です。便座は冷たいです(嫁談)

ただ一つ文句を言うなら
夜間センサー式のライトなのですが
消灯が早いです
小便中にじっとしていたらすぐ消えるので頭を振りながら用を足していました(苦笑)

おっさんの小便がダラダラ長かったんちゃうん?

思ってるあなた!!

ひげクマもそう思われたくないのでざっと数えましたよ
約15秒で消えます!


女性用側も早いみたいで
嫁もすぐ消えんねんって言っていました。


炊事棟も多く割と綺麗な方だと思います。
ただお湯はセンター近くの炊事棟しか出ないようで
ひげクマが使っていた南東の炊事棟では大山の冷たい水を
利用することになります



広場的なものはサイト周辺にはありませんが
センターから降りてきてすぐの所にファイヤーサークルがあるのと

キャンプ場東側から休暇村 奥大山の方へいく遊歩道があるのですが
そこを抜けると広大な広場があります。


自然に限りなく近く標高も900m程の場所なので
寒いです。風も割とあります

夜晴れていると星がめちゃくちゃ綺麗です

空に手が届きます・・・嘘です
めっちゃ近くに空がある錯覚に陥ります



買い出しですが、蒜山の方に降りて482号線が通っているのですが
その道を東へ進むとスーパー(みかもストア)があります。コメリもあるので
ちょっとしたキャンプ用品なら買えます
手前にもスーパー(スーパーヒルセン)はあったのですが
コメリすぐのみかもの方が大きいです

482と114(休暇村へ続く道)のぶつかる交差点にセブンイレブンもあります



センターでは薪や炭なども置いてあります
毛布やキャンプ用品の貸し出しもしております
ビールは一番搾りだったので散歩中に買うのを辞めました(ビールはドライ派)(笑)
コインランドリーもありまっせ


お風呂は休暇村のお風呂を
大人 510
小学生 310
で利用することができます
(なんか5歳の次男も取られていたような気が・・・)
センター内にもシャワーがあるので風呂に浸かりたくない方は
センターへどうぞ

車で15分位の場所に蒜山があり
ちょっと俗世に帰るには十分に賑わっています

全体的にゆる〜いキャンプ場で
自然を満喫できます
C646414E-BBB4-49A2-871E-8C069EEA8CDF.jpg

ただ夜は夏でもヒンヤリするのではないでしょうかと思えるほどの
自然の中なので防寒対策はして行ってくださいね







それと余談ですが
482を進むと高原亭と言う飲食店があるのですが(多分焼肉屋だが和そばやチャーハンや定食アリ)
ひるぜん焼きそばを帰りに食べようということになり
立ち寄らせてもらいましたが
そこの塩ホル麺があっさり、さっぱりでめちゃウマでした

あっさり塩ラーメンにホルモンが入ってレモンを絞って食べるんです
E5977B91-71EB-4EA8-B5F8-91CB7A2CE8AB.jpg

ひるぜん焼きそばは鶏肉が入ったピリ辛味噌ベースの焼きそば
64E55559-6544-439D-86DB-2921C168063E.jpg

最近では定番になりつつあるホルモン焼きそばは安定の美味しさ
64536F16-4329-499A-BB98-5F899CCDBE54.jpg







総括


サイト:オートACサイト・オートサイト・フリーサイト・

料金:オートACサイト使用料 3600  
   オートサイト使用料 3090
    フリーサイト使用料 1030
   別途 管理費 大人510/小学生510/幼児510
 
 例)フリーサイト大人2人 小学生1人 幼児1人の場合 
    1030+510+510+510+510=3070円

車乗り入れ:オートサイト 可
      フリーサイト 不可
ゴミ:分別 可 ただしガスカートリッジの缶、発泡スチロール、ダンボールは不可

管理人 ★★★★★
料金 ★★★★★
設備 ★★★★☆
ロケーション ★★★★☆
総評 ★★★★★★★★★☆

総評 雄大な山に囲まれて自然を満喫できる
   標高が高い為寒さ対策は夏でも考えた方が良い
   家族連れが多く場内を車で走るときは十分に注意すること
   星が綺麗ので望遠鏡なんか持って行って観察するのもオススメ
   駐車場は場内淵側にあるのでフリーサイトの中ほどに
   テントを張るときはキャリーを持って行くのがbetter
   ただ積み下ろし時の路駐は通行の妨げにならなければOKのようだ
   トイレは和・洋アリ、綺麗に清掃されている
   近くに蒜山高原がありジャージー牛のヨーグルトや乳製品が楽しめる
   今回は積雪と強風で早く寝ることになったので
   このキャンプ場が早いのか遅いのかはよくわからなかった 
   チェックアウトが11時なのでお昼ご飯がてらに
   高原亭で塩ホル麺は超おすすめ
 




面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











奥大山 in鏡ヶ成キャンプ場 〜その3〜

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

今回は鳥取編最終回なので長いっすよ
心してスクロールしてくださいね





さて無事雨や強風に見舞われながらも
就寝までたどり着いたひげクマ御一行

ここからが今回のキャンプのメインイベント?です



AM1:00頃
オシッコに行きたくなったひげクマが起きると
まだ雨はボタボタと降っているようでした。

寒いな〜なんて思いながらトイレに行くことに
ひげクマは基本キャンプ場で夜はライトの明かりなしでウロウロ出来る方なので

雨の中傘もささず、ほろ酔いでトイレへ
この時エライ足元がグチャグチャで
一歩目で靴が浸みて来たんですよね

トイレも済ましタープへ戻ると
水が溜まって幕がタプタプ(に見えた)

このままじゃタープがイカレるな〜なんて思い
タプタプのところを下から押し上げ低い方へ誘導すると・・・・


ドサッ!?


大体
バシャーなのにドサッ?

そうです大雪です
雪が積もっていたのです

確かに寒くなることは予定していましたが
まさか雪が降って
そしてそして積もるなんて
頭の中にありませんでしたからちょっとパニック

酒呑んで寝たら異国位の気分(驚)

慌ててタープに積もっている雪を下から突いて落とすことに
嫁、伯父、チビ〜ずは気持ちよく就寝中
起こすのも可哀想なのでせっせと強風の中一人でなんとか処理

テントに戻りストーブを点けて暖をとり
タバコを吸いながら一安心
中に着ている冷感インナーの上下がひげクマから暖かさを奪っていきますが

ストーブを消して寝袋に入って
また寝ようと思ったところ

ピッカ!ドーーーーンっ!!!

割と近くで雷の音が
こりゃ近づいてくるようなら避難しないとと
少し寝袋の中で起きていると
今度は次男が大声で寝言&グズリ

次男を暗がりで見ていると
その向こうに居る伯父の顔が

あっ!なくなった!!(笑)




そう今度はテントが雪の重さに耐えきれず
崩れて来たんです
さっきタープはしたけど
テントはすっかり忘れてまして

慌てて外に行き
テントの雪かきを始め

そうなると流石に伯父も嫁も起きたようで


外に出て来て3人で雪かき

せっせと雪かきを済ませ

またテントの前室で暖を取り始めたのが3時頃
でした

雪が割とベチャ雪で重く
でもしっかり降っているので積もる積もる

雨に変わる4時頃までは
3人共寝る事が出来ず

前室で過ごしていました


雨に変わったのを確認して
眠りにつくもひげクマはキャンプに行くと5時半には
目が覚めちゃうんですよね


結局3時間ほどしか眠れませんでした


朝、コーヒーを入れながらストーブで温もり
外へ出たところで写真をパシャリ



0ED1F388-E720-418B-8A72-458BA5A66CFA.jpg



D0FCB0A7-838A-44CF-8F4D-0F9BFDC1F796.jpg



E0ADAFE2-EB15-4A6F-B0D0-CA3AA1E61083.jpg


ね?
凄くね?
雨が降ってある程度溶けてコレよ


そしてここで縄張りの失敗が顕著に

テントの正面入り口は
薪やストーブを置くので閉め切りにして居るので
サイドから出入りするんですが
タープとテントの間に
隙間があり
タープの雪を落とすと
ちょうど入り口付近に落ちて
出入りがしにくい状況になってしまったんです

そして少しでも濡れないようにテント入り口側のタープを
ポールで上げてしまったのも
雪が積もる原因に

基本を守らないといけませんね

テントの向きはバッチリ風をモロに受けない方向に張れていたのですが
風が吹いてくる方の側面にたっぷり雪が積もったようで
そこが丁度伯父の寝ていた角になるんですね(笑)

そりゃ重みで崩れますわ


朝からテント正面入り口側にタープを張り直して
なんじゃかんじゃしているともう11時

今晩の買い出しに向かう時間をとっくに過ぎていました

2日目は境港で魚介類をと
いざ境港水産物直売センターへ

到着してびっくり

ジャンバーにトレーナー、長袖Tシャツを来ていると
超暑い
標高900mと3mの気温差にびっくりしました


結局境港では魚介は購入せず
(GW特価とは書いていましたが、誰も安くなったとは言っていません)
まぁ書き入れ時そりゃ仕方ないわね


結局
近くにある大漁市場なかうらへ

ここにはでっかい鬼太郎がいてて
鬼太郎が見たかったチビ〜ずはテンションアップ
長男なんて
「父さん父さん!!向こうにシゲルおったで!!」

「シゲル?」
って
水木しげるの写真があると教えてくれました

水木しげるをシゲルと言う我が息子
気づくのに少し時間がかかるじゃないか!!

鬼太郎と
写真撮っちゃいました


AC51F993-AA7B-419D-A697-FB5614462A51.jpg

下には一反木綿が描かれているの
お分かりですか?



そこそこ買い物を終え
ベースに戻り
休暇村のお風呂へ行き
この日は雨もなく少しの風と前日より低気温のなか
野宴を楽しみました。


教訓
自然は侮るべからず人の無力さを心に銘じよ

ですね

づらづらと書いて来ましたが



自然豊かで凄く居心地のいいところなんです

一度行って欲しいのでとっておきの写真を一枚

最終日帰りに撮った1枚です



C646414E-BBB4-49A2-871E-8C069EEA8CDF.jpg

向こうに冠雪しているのが大山
凄く壮大で豊かな自然に囲まれているでしょ

皆さんはしっかり寒さ対策をしてぜひ奥大山を満喫してくださいね
ひげクマ御一行も今回は四季全てを経験できたようなキャンプで結構楽しめました

さあ
また7月まで仕事しよ(泣)


次回 キャンプ場レビューいたします。







面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







奥大山 in鏡ヶ成キャンプ場 〜その2〜

おはようございます。
B級キャンパーひげクマです。

さて蒜山から鏡ヶ成キャンプ場へ移動したひげクマ御一行

いよいよベース作りの始まりです♪



ここのキャンプ場
フリーサイトは近くの駐車場に停めて好きなところに張ってねってスタイルで、
ひげクマ御一行としては
チビ〜ずのオシッコの関係で
トイレ目の前ってのが基本

そうなるとフリーサイト カッコウのトイレ前が駐車場も近いしベストなのでと
ベースの場所はすぐに決まりました

雨も止んでいたので
1時間ほどで設営完了
トイレ隣の炊事棟からベースを撮影するとこんな感じです


75660F55-9C33-49A1-A408-9329967BEDEA.jpg

↑↑↑この写真は3日目朝の写真です
初日はテントの手前側にタープを張っていました

縄張りを変えたのも理由がありまして・・・

初日は南北で風が変わるとよんで
夜は北側の山から吹き下ろしてくると判断
テントで風を避けて南側にタープを張って野宴を楽しもうと考えていました

風の判断は割と当たっていたのですが
結構うねるといいますか、風の方向はあっちこっちから吹いて来ていました
メインの強い風は南北からだが、違う方からも時折強い風がみたいな

しっかりペグを撃っていないとエライことになります。
ただ風だけを読んだこの判断は失敗だったようです(詳しくは後ほど)



さて、御幼少の頃の枡水原キャンプで大山周辺キャンプは経験済みなので
夜は寒くなる予定
この日の最低気温予想が8℃なので4℃位までは山の上なので下がるかな?
暖を取るためにまずは薪を準備!

仕事で出たパレットの廃材を
薪がわりに持って来ていたので
チビ〜ずに薪割り体験をさせてみます


757EF367-3DEE-4585-9698-B6E9CFD3A3BD.jpg

初めてにしては上出来でしょう♪




そして寒くなるなら晩御飯は我が家の定番もつ鍋

5FAF3F52-9DC9-4A30-83E7-F09455B7B78B.jpg




伯父もコメリのヤッケを着て火の番をしてくれています♪
CC3EC4AB-2F8E-4766-9DEC-686A5F4BEA7C.jpg


本日のメニューは
もつ鍋、宮崎県民御用達マキシマムを振りかけたステーキ、そしてひげクマ特製スペアリブ
大山鶏と超豪華布陣


マキシマムとは宮崎県民が愛するスパイスらしく
テレビで紹介されていて目をつけていたところ
地元のスーパーで売っていたので即購入
半信半疑でしたが

これ美味いっす♪癖になります


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中村食肉「マキシマム・スパイス」
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/7時点)





宴もたけなわ・・・と行きたかったのですが、
まったり野宴を楽しむどころか
強風と気温の低下で外に居られない
焚き火を出来るような風の状況ではなく(強風での焚き火は危険です)
さっさと食事を切り上げて
テントの中に避難
テントの前室でストーブを焚いて過ごして居ました

注)一酸化炭素中毒の恐れがあるので一酸化炭素探知機を設置のうえ十分換気をしましょう


ここでも大活躍してくれたのが
フジカハイペット
ヤフオクで購入したのですがこれがまぁ役に立つ
フジカ



テントの前室で焚くだけで全然温さが違うんで石油ストーブオススメですよ



酒を呑みながらトランプしたりチビ〜ずはお菓子パーティーしたり
雨が止まないので前室で過ごし早めの就寝



さて初日ここまでで、初夏のような暖かさ、雨、晴天、強風、冬の寒さを
経験させてもらいました。


がっ!!

ここからが自然の神秘でしょう




なんと!!!!





続く








面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



奥大山 in鏡ヶ成キャンプ場 〜その1〜

おはようございます
B級キャンパーひげクマです。

GWも終了しましたが皆さんはアウトドアしましたか?

我が家は去年に続き
2泊3日鳥取遠征をして来ました。

自然を十分に満喫できたのでご報告いたします。


今回ひげクマ御一行が訪れたのが
休暇村 奥大山in鏡ヶ成キャンプ場

標高900m程の高さにある夏でも涼しい所のようで
道路を挟んで隣に休暇村 奥大山がある綺麗なキャンプ場です。

最終日フリーサイト(カッコウ)近くの炊事棟側から北に向いて我が家のベースを1枚パシャリ
75660F55-9C33-49A1-A408-9329967BEDEA.jpg
(この写真を覚えておいてください)


緑豊かなとても綺麗なキャンプ場です、暖かくなってくると
ブヨが多いようで、下調べでネット徘徊をしていると
ほぼ皆さんブヨにやられているようです。

そんなこともあり、毎回ブヨの餌食になるひげクマとしては
そろそろアナフィラキシーショックでも起こすのではないかと思い
万全のブヨ対策で乗り込んでみました


冷感インナーの長袖、長パッチ
スキンベープミストプレミアムとムヒアルファEXを持ってね・・・


↑の冷感インナー上下がこの後秀樹を起こす悲劇を起こすとも知らずにね・・・


まあその話は後にして


朝の5時に自宅を出発
途中嫁の伯父を迎えに行って
サービスエリアでちょこちょこ休憩もとり
渋滞に巻き込まれることもなく
9時頃には蒜山サービスエリアに到着時間調整をして

まず目指すは蒜山ジャージーランド
ここはひげクマが御幼少の頃連れられて行ってた枡水原キャンプの時
美味しいヨーグルトを買ってもらった思いでがあり
これはチビ〜ずにも食べさせてやらねばと思っていたので

いざ!!

到着して車から降りると寒い・・・
風も強い・・・雨も・・・

600円で乳搾り&牛乳1本の為
走って受付へ
無事10時からの50人に滑り込み
待つこと20分・・・
その間ジャージー牛を眺めたり
寒いので室内に逃げたりで忙しかったけど貴重な体験ができましたよ♪

56F7C62B-6AB0-4A91-BADC-A447053A55E2.jpg



2B07129D-E92D-4429-9417-F41CE7FE9040.jpg


貰った牛乳を牛乳嫌いの嫁に一口飲んでみ
と渡してみたものの
やはりダメだったようで
ひげクマが美味しくいただきました

その後馬に餌をあげたり


FB958BD9-557E-46D1-BCD2-FFA792E8FF37.jpg



大山を探したりして見たものの
ここでチェックインまで時間を潰そうかと思っていたのですが
意外とすることがない

いや、雨じゃなかったらのんびり牛見て、馬見て、乗馬して、散歩して
と過ごせるのでしょうが雨も降ったり止んだり
風もソコソコ

11時過ぎには早々に車に乗り込みました

伯父がジャンバーを忘れたというので
コメリでヤッケを購入しスーパーで買い出しをして
12時半頃キャンプ場に到着

蒜山高原センターからは15分位で到着します



続く










面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村