訂正出てます(汗)

こんにちは。
B級キャンパーひげクマです。

さてさて
GWも終わり仕事が忙しく
抜け殻モードでブログをサボってましたが、
5/24付けで
ドッペルギャンガーより訂正が出ておりますので
ご紹介させていただきます。


カマボコテント2、カマボコテントミニ 耐水圧の誤表示に関するお詫びとお知らせ

上記リンクをクリックしていただければドッペルギャンガーの
訂正のお詫び記事に飛んでいきます。

要するに
T5-489 カマボコ2
T5-489-BK カマボコ2
T3-488 カマボコテントミニ
の耐水圧表示をネットと口頭で5000mmって言ってました
取扱説明書には2000mmって書いていました

でも本当は
カマボコ2=3000mm
カマボコ2ブラック=2600mm
カマボコテントミニ=3000mm
ですねん
スンマヘン(反省)
フロアの耐水圧や生地の厚みなどには訂正はありません
フライシートの表示だけを間違ってましてん(汗)

つきましては
1、返品をご希望される方は返金します
もしくは
2、カマボコ2の屋根に取り付け結露の軽減ができる
  ルーフシールド生地の提供します

の2通りが提案されております。


ひげクマのカマボコ2紹介記事を読み返して
(4/3 新作カマボコ)
(4/27 ドッペルギャンガー)

全く耐水圧????mmみたいなことを書いてなくてびっくり!
おいおいひげクマさんよぉ〜(反省)
ってな感じですよね
申し訳ございません(泣)



ただ
2600mm〜3000mmあれば本来ならば全く問題ないレベルです
それに先代カマボコより確かに生地が良くなっているのも事実

もしひげクマならば
ここは1、の返品返金より2、のルーフシールドを頂戴するかな?

でも、50000円程で5000mmってめっちゃコスパええやん
って思って購入された方は
あかんあかんあかんっ!
って思うのも当然でしょう
その時は返品返金で対応してもらいましょう。

今回の事はウェブで5000mm
購入して手に入れてみると説明書には2000mm
これは一体どっちやねん!
って購入者からの連絡で発覚したのでしょうが(勝手な妄想)


ひげクマのように耐水圧に重きを置いて購入を考える人間には
雨の中展示されているテントを見る機会などは
よっぽどでなければ遭遇できないですし
この表示されている数字を信用して購入するしかありません。
その結果、あれちゃいますねん。実はこうですねん(テヘッ)
じゃ高シェアは勝ち取れませんよ


各メーカーさんもこのような事が無いよう
細心の注意を払って表示していただきたいものです。


幸い、今回は発覚し返金対応もしていただけるようなので
まだましですが、できれはこんな事が無いように

頼んまっせ!
ドッペルギャンガーさん!
応援してまっせ!!!












面白い、ためになったなったな〜と思っていただけたら、下のバナーをクリックお願いします。
今後記事を書いていく励みになります。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






この記事へのコメント